レッツノート

Let's note を修理してから1ヶ月

もう1ヶ月くらいになるのかもしれませんが、ファンから異音がしていた Let's note CF-AX2 を修理しました。

ファンユニットは手に入ったので自分で分解して修理したのですが、これでも世間的にはまだ「普通」難易度の分解らしい。ノートPC を分解なんかなかなかしない私にとっては結構めんどくさかったです。所要2時間弱かかりました。

分解してみてわかりましたが、SSD を交換するのはものすごく簡単なので、今後 SSD が壊れることがあってもそれは簡単に交換できそうです。

1ヶ月くらい Let's note を使ってますが問題ありません。ファンの音は正常になり、ファンレスPC を使ってる人間からする充分うるさいのですが、この時代の PCってこれくらいのファン音はするよな……と諦めてます。
逆に今の PC はファンの性能と CPU自体の発熱が下がったおかげで通常作業でそこまでファンが煩いということはないので時代というのは進化するよねと思います。

以前まで持ち運ぶノートPC は T90Chi だったのですが、現在は Let's note がそのコンセプト通り持ち運びノートPCになっています。

逆に T90Chi はドッキングステーションに繋ぎっぱなしになって、LIVA Z2 の補完マシンとしてデスクに固定しています。

現在机には17インチのモニタ、20インチのテレビ兼PCモニタと LIVA Z2 が机の横に VESAマウンタで固定されていて、更に T90Chi がドッキングステーションとともに置かれており、必要ならそこに Let's note が置かれています。

モニタ2台は LIVA Z2 の出力先なので、T90Chi と Let's note は自前の液晶ディスプレイを使うことになり、全部を稼働させると机の上に4画面ある状態になり、キーボードとマウスは Mouse without Borders を使って共有するので作業がものすごく捗ります。

モニタは置ける場所さえあればあればあるほどいいと実感します。

あとは縦長にできるモニタを文書入力専用モニタとして設置したいと思ったりもしますが、今の所その場所がありません。

LIVA Z2 8/120-W10Pro をとうとう購入

LIVA Z2 をとうとう導入しました。

Let's note はファンの音が静かなときとうるさいときを交互に繰り返す感じで、現在は通常のノートPCとして単独で使用しています。そのうち部品を調達して自分で修理をしたいかもしれない……と考えていますが、どうなるかはわかりません。

ファンレスはいい……。ファンレスの静音性はいい。ファンレスの安心感はすごい。まったく動作音がしないということがどれほどストレスがないか、ファンがあるのが当たり前の環境ではわかりずらいと思う。

LIVA Z2 はたくさんのバリエーションがあるんですが、一番最近に発売された、メモリ8GB、SSD120GB+eMMC32GB、Windows10 Pro のものを購入しました。

LIVA といえば Linux などをインストールしてサーバ用途として使う人も多いかと思うんですが、私は普通の PCとして使いたいので、Proバージョンがインストールされたものを選びました。
今まで Proバージョンを載せた LIVAはなかったのである意味今まで待っててよかったのかもしれません。

まず外観ですが、過去の LIVA から比べるととにかくデカイ。VESA対応していて取付用固定具も付属してるんですが、この大きさのものをディスプレイの裏に付けると結構な迫力がありそうです。

デスクトップPCとしてはもちろん小さいんですが、過去の LIVA がものすごく小さかったので、2.5インチ SATAドライブを搭載できるサイズになっている LIVA はものすごく大きく感じる。普通にストレージは M.2 とか mSATA でもよかったのではないかとも思うんだけど放熱を優先したのかもしれません。
使用しているモニタは VESAに対応しているので将来的にはモニタの裏に付けるということもあるかもしれませんが、今のところ普通に机の上に置いて使います。 

逆にデスクトップPCとしてはこれくらいのサイズと重量感があったほうがコネクタを差したときなどに安定感があるので、今後 LIVAシリーズは続くとは思いますが次の LIVA がどのサイズを踏襲してくるのか楽しみでもあります。

載っている SSDドライブは LIVAの販売元 ECS が販売している OSC SSD 120GB でした。SATA SSDですが速度は控えめで、特にランダムアクセスがそれほど速くないので、ブラウザ起動などランダムアクセス速度が必要な動作は少し遅いと感じます。ブラウザが起動してしまえばメモリで動きますのでキビキビ動作しますが。

あと外装に HDMIロゴシールと Windowsロゴシールが貼ってるんですが、真正面に貼られていてこの位置はどうにかならんかったのかと思う。

また、これは些細な問題といえば些細なんですが、USB3.1 及び USB2.0 コネクタの上下の向きが一般的なデスクトップPCとは上下逆で USBケーブルを差したときに ケーブルの USBロゴが上に来ない。なぜこの向きにした。

ベンチマークテストの数値に興味がないのでテストはしていないのですが、体感速度的には Ivy Bridge世代の Core i3 くらいの速さだと思われます。全体的にはこのころよりも進化しているので、Core i3 の速度で問題ないという人は LIVA Z2 でも何の問題もないと思います。しかしこのパワーの PCがこのサイズでファンレスにできるようになるとは最近の CPUの消費電力の低さを証明しています。

格安PCによくある所謂もっさり感はほぼありません。もちろん Core i7 に M.2 SSD とかを使用している人には要所で遅いと思うかもしれませんが、通常使用で所謂もっさり感はないと言ってもいいです。

まだセットアップを完全には済ませていないので所感程度のレビューしかありませんが、対費用効果で考えると非常に満足度は高いと思います。

Let's note をついに修理に出す……はずだったが

結構な間、ファンからの異音を放置していた Let's note を修理見積りした。

「ファンの異音」なのでもちろん CPUファン交換で見積もりが出てくるので予想通りの金額だった。

どうしようかな……と悩んでいるときに、まじまじと本体を見ていたら、本体裏面の排気口近くにある留め具が気になり、これはなんだ? と開けてみたら、給気口だった。そしてそこにホコリがびっしり詰まっていたので、もしかしてこれでは? と掃除を実施すると以前よりファンの音が気にならなくなった。

リフレッシュPCのはずなのにどうして吸気口にあれだけホコリが溜まっていたのかわからないが、半年であれだけたまるものだろうか?

吸気口のみならずファン自体にもホコリが詰まっている可能性があるのでまた分解してみようと思う。

ホコリを掃除しても直らないなら消去法で CPUファン自体の不良なので、修理を考えようと思う。果たして修理する価値のあるものかは疑問が残るけど……。

CF-AX2ってもう7年前の機種だし、他の部品が壊れたらもうおそらく部品がない。

そして、PCJ11 はキーの不良がどうしても気になって初期不良返品したので、サブマシンは T90Chi だけになった。

T90Chi は WAVLINK WL-UG39DK1 ドッキングステーションがあるので PCでしかできないことの殆どはこなせるはずなんだけど、T90Chi はなんと Windows10 32bit版で動いているので、64bit 専用アプリケーションが動かないのでもしかしたら困ることがあるかもしれない。

Let's note の分解をしてみないといけない。

サブマシンを考える

Let's note の CPUファンから異音がしてからもう2ヶ月くらいそのままで使っている。

CPUファンの異音は起動から約2分ほど続き、ファンの回転が安定すると静音化する。CPU温度も正常だし、他に異常な点もないので外に持って出るということもないのでそのまま使い続けている状態だ。

BDドライブは修理に出したので保証期間修理ということで正常になって戻ってきた。何の問題もなく使えている。

現在、サブマシンが T90CHI しかなく心もとないので、このままではいつまで経っても Let's note を修理に出すことはできない。

LIVA Z2 を考えていたのだが、いつも購入するショップで在庫がない状態が続いているので購入を待っている。

そう思っていると、ソフマップで 旭エレクトロニクス PCJ11 というサブマシン用スペックのノートPCが 19,800という特価で並んでいる。どこにも仕様に関する情報がないので問い合わせたら、以前グループ会社であるビックカメラが オリジナルノートPCとして発売し話題になった SG116j というマシンの同等品ということだ。

Atom x5 Z8350, メモリ4GB, eMMC64GB, IPS液晶FullHD,USB3.0/2.0, miniHDMI, microSD対応 とこの価格なら買いのスペックなんですよね……。ただ色々と不具合はあるようで、それを帳消しにできる使い心地かどうかがわからないので迷っています。

Let's note にもしものことがあったときの繋ぎのマシンとして使えればいいのでスペック上は問題なさそうなんですけど。

T90CHI も色々とトラブルを抱えている機種だがそれよりも使い勝手が勝っているので個人的名機なんですが、果たしてこのマシンはどうだろうか。

もし購入したらエントリーで使用感を書くつもりでいます。

故障続きで

Let's note の CPUファンから異音がする件は未だにそのままで使っているという状態ですが、更に追い打ちをかけるように ロジテック ポータブルBDドライブ LBD-PUC6U3TBK のトレイ中央部にあるディスクロックをしている機構の一つが割れた。

こんなところが壊れるのは初めてなんだけど一応使えてはいるんだよな。ディスクロック機構は4箇所あるから。

でも1年もしないうちにこんな故障をするのは問題なので購入先に言えば修理してもらえるとは思うんだけど、これまた Let's note と同じくこのドライブを修理に出すと代わりの BDドライブがなくなるわけです。それは困るので代替機を買う必要がある。どうして修理を出すときに代わりの機械を貸してくれないのかと思いますよ。

最近怪我は続くわ、PC関連の故障は続くわで困りますね。

Let's note にしても BDドライブにしても新しいマシンを買って修理に出せばそれをバックアップ機として使えるので悪いことではないんですけど。