T90Chi

Let's note を修理してから1ヶ月

もう1ヶ月くらいになるのかもしれませんが、ファンから異音がしていた Let's note CF-AX2 を修理しました。

ファンユニットは手に入ったので自分で分解して修理したのですが、これでも世間的にはまだ「普通」難易度の分解らしい。ノートPC を分解なんかなかなかしない私にとっては結構めんどくさかったです。所要2時間弱かかりました。

分解してみてわかりましたが、SSD を交換するのはものすごく簡単なので、今後 SSD が壊れることがあってもそれは簡単に交換できそうです。

1ヶ月くらい Let's note を使ってますが問題ありません。ファンの音は正常になり、ファンレスPC を使ってる人間からする充分うるさいのですが、この時代の PCってこれくらいのファン音はするよな……と諦めてます。
逆に今の PC はファンの性能と CPU自体の発熱が下がったおかげで通常作業でそこまでファンが煩いということはないので時代というのは進化するよねと思います。

以前まで持ち運ぶノートPC は T90Chi だったのですが、現在は Let's note がそのコンセプト通り持ち運びノートPCになっています。

逆に T90Chi はドッキングステーションに繋ぎっぱなしになって、LIVA Z2 の補完マシンとしてデスクに固定しています。

現在机には17インチのモニタ、20インチのテレビ兼PCモニタと LIVA Z2 が机の横に VESAマウンタで固定されていて、更に T90Chi がドッキングステーションとともに置かれており、必要ならそこに Let's note が置かれています。

モニタ2台は LIVA Z2 の出力先なので、T90Chi と Let's note は自前の液晶ディスプレイを使うことになり、全部を稼働させると机の上に4画面ある状態になり、キーボードとマウスは Mouse without Borders を使って共有するので作業がものすごく捗ります。

モニタは置ける場所さえあればあればあるほどいいと実感します。

あとは縦長にできるモニタを文書入力専用モニタとして設置したいと思ったりもしますが、今の所その場所がありません。

Let's note をついに修理に出す……はずだったが

結構な間、ファンからの異音を放置していた Let's note を修理見積りした。

「ファンの異音」なのでもちろん CPUファン交換で見積もりが出てくるので予想通りの金額だった。

どうしようかな……と悩んでいるときに、まじまじと本体を見ていたら、本体裏面の排気口近くにある留め具が気になり、これはなんだ? と開けてみたら、給気口だった。そしてそこにホコリがびっしり詰まっていたので、もしかしてこれでは? と掃除を実施すると以前よりファンの音が気にならなくなった。

リフレッシュPCのはずなのにどうして吸気口にあれだけホコリが溜まっていたのかわからないが、半年であれだけたまるものだろうか?

吸気口のみならずファン自体にもホコリが詰まっている可能性があるのでまた分解してみようと思う。

ホコリを掃除しても直らないなら消去法で CPUファン自体の不良なので、修理を考えようと思う。果たして修理する価値のあるものかは疑問が残るけど……。

CF-AX2ってもう7年前の機種だし、他の部品が壊れたらもうおそらく部品がない。

そして、PCJ11 はキーの不良がどうしても気になって初期不良返品したので、サブマシンは T90Chi だけになった。

T90Chi は WAVLINK WL-UG39DK1 ドッキングステーションがあるので PCでしかできないことの殆どはこなせるはずなんだけど、T90Chi はなんと Windows10 32bit版で動いているので、64bit 専用アプリケーションが動かないのでもしかしたら困ることがあるかもしれない。

Let's note の分解をしてみないといけない。

T90Chi にドッキングステーションを使ってみる

T90Chi が BDドライブ接続しても コード39 でエラーが出る問題を下記のツイートで解決して以降、T90Chi のパワーアップに勤しんでいるのだけど、ドッキングステーション WAVLINK WL-UG39DK1 を ASUS TransBook T90Chi に使ってみるとすこぶる便利でびっくりした。

T90Chi は OTG対応の MicroUSBコネクタがあるだけの端末なのでまったく拡張性がなく OTGハブを使っているけど、そこにドッキングステーションを繋げて全部認識するとは思ってなかった。

USB は 2.0なので、USB3.0 で繋げることを前提にしているドッキングステーションでフルスピードは出るわけがないので、外部モニタ出力とか厳しいだろ……と考えていたけど、普通に DVI も HDMI出力も使えて、デュアルモニターもできた。表示スピードも問題ない。

しかも有線LANが使えるようになったので、LAN内のファイル移動も快適になった。

しかしこれは仕様上の問題なのか、OTGハブを使っているからなのかわからないが、ドッキングステーションの USBポートに更に USBハブを繋いでもその先の機器を認識しない……。

ドッキングステーションには計6つの USBポートがあるので普通なら足りるかもしれないが、もしこれ以上の USBポートが必要になると困るかもしれない。

メインマシンの故障

メインマシンである Let's note AX2 の CPUファンから起動時に異音がするようになったので修理に出したいんだけど、初代 LIVAがお亡くなりになっている今、AX2 を修理に出すと手元にメインマシンがなくなる。

LIVA Z2 を買いたいなぁとか思ってるんだけど、CPUベンチマークを見ると、恐ろしいことに現在の Gemini Lake世代の Celeron って Ivy Bridge世代の Core i3 と同じくらいの性能になっててそれでいてファンレスとか技術の進歩はすごいな。

やっぱりノートPC もデスクトップPCもファンレスに限ると思うんですよ。コンピュータは静音性大事。それにファンがない=可動部品が減るってことだから故障箇所も減るわけで、パワーが抑えられてるということ以外はいい事ずくめ。

しかし毎度毎度だけど新しいマシンをセットアップするのがめんどくさくて仕方がない。

Windows10 はシステムをクローンコピーして他のマシンに移しても動作するらしいんだけど、新しいマシンにはクリーンインストールはしたいんだよ……。

サブマシンに ASUS TransBook T90Chi があるんだけど、こいつは拡張性がないので外付けの HDDをつないでバリバリ使うというのが怖い。メインマシンに必須のデュアルモニターにもできないし。出張するときにはもうこの上ない快適マシンなんですけどね。

LIVA Z2 を購入すると、AX2 を修理に出してもメインマシンに戻れないと思うんだけど、実際どうなのかはスペックやベンチマークを見てるだけではわからないんですよね。体感速度を測る手段ってないし、それこそ環境依存係数が大きすぎてレビューも役に立たないしね。

でもサブマシンはいくらあっても問題ないことはわかってるので、AX2 も修理に出すとは思う。CPUファンだけの故障だと思うので2万円くらいで直ると思うし。

ファンレスマシン復活なるか。