京主

【京主】 孤独の距離

ジャンル:東京魔人学園剣風帖 お題:孤独な想い 制限時間:1時間 文字数:1736字 


 真冬の帰り道。
 白い息を吐きながらも傍目からは寒くないのか? と言われそうなくらい薄着な京一が龍麻にくっつきながら歩いている。

続きを読む

【京主】 昼休み(仮題) ※未完

ジャンル:東京魔人学園剣風帖 お題:儚い霧雨 制限時間:30分 文字数:762字


 真神学園の屋上は京一と龍麻の第二の安息の地である。もちろん第一は龍麻がひとりで暮らすマンションだ。
 龍麻が一人暮らしであることが発覚したその日のうちに京一は至って自然にさもそこが自分のいる場所であるという風に立ち寄り―――と言っても龍麻とてまったく京一を拒むことなく自然に招き入れていた―――とぐろを巻くのが日常化している。週の半分以上は龍麻の家に居るのが常になっているため、京一を捕まえるなら龍麻を捕まえたほうが早いということは既に仲間内の一致した見解である。

続きを読む

春雨は夕方に 【京主前提】

ジャンル:東京魔人学園剣風帖 お題:素晴らしい春雨 制限時間:15分 文字数:553字

 「ひーちゃん、なに食ってんの?」

 夕方。昼寝から目覚めた京一の鼻腔に何やらスープの匂いがする。「ひーちゃんが飯の準備でもしているのかな」とリビングと繋がっているキッチンへ向かうと、龍麻は何やら食していた。

続きを読む

【京主】昼下がりの求婚

ジャンル:東京魔人学園剣風帖 お題:昼間の結婚 制限時間:1時間 文字数:1051字

「龍麻ッ!!!」
 京一が俺を「龍麻」と呼ぶときは、友好値が低い時か、何か俺に真剣に伝えたいことがあるときだ。

続きを読む

【京主前提】ドロドロ ※未完

ジャンル:東京魔人学園剣風帖 お題:殺されたドロドロ 制限時間:1時間 文字数:723字

 闇夜に紛れるくらいの黒のコートを身に纏い、闇から闇へと魔物を葬り去る。
 腕から伝わる肉塊の振動。
 自らの手で昇華されたそのものたちは何処へと流れ着くのだろうか。
 ドロドロに溶けた《それ》は蒸発するかのように消えてなくなる。

続きを読む