出茂鹿にも踊ってほしい

出茂鹿にも踊らせたいが、出茂鹿と踊りがあまりにも乖離しているので想像ができない。まだまだ想像力が足りない。

でも1日ダンスの動画とか見せたら見よう見まねでダンスできそうな素養はありそう……という出茂鹿に過度の期待をしてしまう。

20190612224156.jpg

Let's note をついに修理に出す……はずだったが

結構な間、ファンからの異音を放置していた Let's note を修理見積りした。

「ファンの異音」なのでもちろん CPUファン交換で見積もりが出てくるので予想通りの金額だった。

どうしようかな……と悩んでいるときに、まじまじと本体を見ていたら、本体裏面の排気口近くにある留め具が気になり、これはなんだ? と開けてみたら、給気口だった。そしてそこにホコリがびっしり詰まっていたので、もしかしてこれでは? と掃除を実施すると以前よりファンの音が気にならなくなった。

リフレッシュPCのはずなのにどうして吸気口にあれだけホコリが溜まっていたのかわからないが、半年であれだけたまるものだろうか?

吸気口のみならずファン自体にもホコリが詰まっている可能性があるのでまた分解してみようと思う。

ホコリを掃除しても直らないなら消去法で CPUファン自体の不良なので、修理を考えようと思う。果たして修理する価値のあるものかは疑問が残るけど……。

CF-AX2ってもう7年前の機種だし、他の部品が壊れたらもうおそらく部品がない。

そして、PCJ11 はキーの不良がどうしても気になって初期不良返品したので、サブマシンは T90Chi だけになった。

T90Chi は WAVLINK WL-UG39DK1 ドッキングステーションがあるので PCでしかできないことの殆どはこなせるはずなんだけど、T90Chi はなんと Windows10 32bit版で動いているので、64bit 専用アプリケーションが動かないのでもしかしたら困ることがあるかもしれない。

Let's note の分解をしてみないといけない。

T90Chi にドッキングステーションを使ってみる

T90Chi が BDドライブ接続しても コード39 でエラーが出る問題を下記のツイートで解決して以降、T90Chi のパワーアップに勤しんでいるのだけど、ドッキングステーション WAVLINK WL-UG39DK1 を ASUS TransBook T90Chi に使ってみるとすこぶる便利でびっくりした。

T90Chi は OTG対応の MicroUSBコネクタがあるだけの端末なのでまったく拡張性がなく OTGハブを使っているけど、そこにドッキングステーションを繋げて全部認識するとは思ってなかった。

USB は 2.0なので、USB3.0 で繋げることを前提にしているドッキングステーションでフルスピードは出るわけがないので、外部モニタ出力とか厳しいだろ……と考えていたけど、普通に DVI も HDMI出力も使えて、デュアルモニターもできた。表示スピードも問題ない。

しかも有線LANが使えるようになったので、LAN内のファイル移動も快適になった。

しかしこれは仕様上の問題なのか、OTGハブを使っているからなのかわからないが、ドッキングステーションの USBポートに更に USBハブを繋いでもその先の機器を認識しない……。

ドッキングステーションには計6つの USBポートがあるので普通なら足りるかもしれないが、もしこれ以上の USBポートが必要になると困るかもしれない。

ちょっとぶりに出茂鹿

20190517222824.jpg

温泉に入る出茂鹿……が公式で見てみたいものだ。

久々にぺんてる筆一発書きしたけど、筆立てに立てていたぺんてる筆を何気なく使っていたら、この前筆立てを整理したのを忘れていて、古い方のぺんてる筆を使っていて「ぺんてる筆ってこんなに使いづらかったっけ?」となってしまった……。
途中から気づいて新しいぺんてる筆を使ったけど、全然書き味が違って、やっぱり古くなったら取り替えないとダメなんだなと実感した。

旭エレクトロニクス PCJ11 にドッキングステーションを使ってみる

キーボードだけが相変わらず気に入らない格安ノートPC PCJ11 ですが、以前のエントリーに書いた仕様どおり、外部出力が miniHDMI、USB が 3.0, 2.0 それぞれ1ポートずつと少し頼りないので、今後のことも考えて所謂ドッキングステーションというものを導入してみた。

当初、デュアルモニタにしようと DisplayLink社製のチップを採用している USBディスプレイアダプタで済まそうとしたんですが、ギガビットイーサーポートも欲しいし USBポートももう少し欲しいし……となるとそれをひとまとめにしたドッキングステーションという方向に落ち着きました。

USBディスプレイアダプタには色々と安いものもあるんですが、DisplayLink社製以外のチップを積んだものはディスプレイアダプタを複数使ったときに出力できないとか色々と問題があるそうなのでそれ以外の選択肢がない状態です。

国内ベンダーが販売しているドッキングステーションもそれなりの価格のものはすべて DisplayLink社製のチップを採用していますが、今回選んだのは評判も良さそうな WAVLINK WL-UG39DK1 という製品。

こういう製品はヨドバシ・ドット・コムとかでは取り扱いがないので仕方なくの Amazon です。

仕様的には ギガビットイーサーポート、DVI出力端子(VGA変換コネクタ付属)、HDMI出力端子、USB2.0×4ポート、USB3.0×2ポートとデスクトップPC並の出力端子が揃っています。

商品の同梱物としてドライバCD があるんですが、とりあえず何もインストールせずに USB3.0ポートに接続したら全部 Windows10標準ドライバでまかなえてるみたいで普通に使える。

一応 DisplayLink社のドライバダウンロードページ から最新のドライバをダウンロードしてインストールはしました。

早速、DVI出力端子と本体の miniHDMI端子を使いデュアルモニタ化。しかも今回はドッキングステーション自体で2画面出力ができるので、本体の液晶自体も表示が消えることはなく、トリプルディスプレイになった。

しかしこの状態だと VRAMが不足するのか、DVIから出力しているモニタの表示が遅延するというかマウスがカクつきます。PCJ11 自体が非力なマシンなので CPUパワーの問題なのかどうかは判断がつかない。

もしかしたら、ドッキングステーションからのデュアルモニタなら問題ないのかもしれないですが、HDMIケーブルが足りてないのでこれは後ほど検証したい。

現在は、デュアルモニターにすらせず、DVI出力のみで使っています。USBポートや ギガビットイーサーポートの恩恵のほうが大きいかもしれません。