Novel

希望という貴方へ送る手紙 【白出茂】

ジャンル:忍たま乱太郎 お題:1000の妄想 制限時間:1時間 文字数:1169字



 出茂鹿さんへの便りを書くのは何通目だろうか。

 俺は肝心なときにヘタレで、その度に周りの人達に助けてもらってなんとか乗り越えてきた。
 そんなヘタレな俺だから、出茂鹿さんに会いに行く勇気はとてもなくて、でも、せっかく出来た繋がりを失いたくなくて何とかしたいと考えていたら、便りを書けばいいんじゃないかと思いついた。
 兄貴達にも相談したら「悔いの残らないようにやれ」と言われたので、その言葉を信じて便りを書くことにした。とは言っても何を書けばいいのかわからず、出茂鹿さんのことを思い浮かべながら拙いだろう言葉を紡いだ。

続きを読む

諦めない男へ送る手紙【白出茂】

ジャンル:忍たま乱太郎 お題:消えた諦め 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 文字数:665字


 その男は諦めない男だった。
 私の何が気に入ったのか文を寄越してくる。
 何処で所在を知ったのかと思えば、小松田くん経由しかないわけでご面倒なことだ。

続きを読む

【白出茂】夕凪

ジャンル:忍たま乱太郎 お題:右の経歴 制限時間:2時間 文字数:1659字


 あの兵庫水軍身隠しの盾の役を巡っての適性試験以降、ぼーっとする時間が今までにもまして増えた気がする。
 忍術学園の事務員にもなれず、海賊にでもなろうと思ったがそれすらも叶わなかった。

続きを読む

ある日の午後

ジャンル:忍たま乱太郎 お題:緑の犬 制限時間:4時間 文字数:1433字

 学園長先生の飼い犬であり忍犬でもあるヘムヘム。ヘムヘムという名前でなおかつ鳴き声も「ヘムヘム」だ。
 直立二足歩行で歩くことができ、学園内の時報の鐘を頭突きで響かせることのできる石頭を持ち、そしてなぜだか分からないが話していることもわかるのである。

続きを読む

棘 【五年生乱交直前】

ジャンル:忍たま乱太郎 お題:突然の血 制限時間:1時間 文字数:1570字


「痛っ ……棘が刺さっちゃった」
 久々知兵助は後ろ手をつくために床板に手を置いた瞬間痛みを感じ、手を見ると小さな棘が刺さっていた。

続きを読む