Novel

【白出茂】それほどの戯れ

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 8月のプロポーズ 制限時間: 2時間 文字数:1,872字 誤字等修正済み 「俺達には結婚とか関係ないですもんね」  白南風丸は寂しげに口火を切った。 「したければすればいいだろう」  関係を持つようになってから幾分と経ち、鹿之介の態度も随分と砕け、二人きりのとき... >>続きを読む

【白出茂】溜息の行方

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 箱の中のコンサルタント 制限時間: 2時間 文字数:1703字  私の中にも夢はたくさんあったはずである。今でももちろんないわけではない。  しかし日々流れる時間がそれを押し流す。夢を思い描くのは感傷に浸りたい一瞬だけだ。 「鹿之介さん、どうしたんですか? 疲れて... >>続きを読む

海の向こうの陸よりも 【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: ロシア式の罪人 制限時間: 1時間 文字数:1184字  広い広いこの海の向こうには何があるのだろうか。 「この海の向こうに何があるか知っているか?」  京の都は知っている、琵琶湖も知っているが、まだその先に話でしか聞いたことのない鎌倉があるらしい。この地続きです... >>続きを読む

優秀な暴力装置

お題: 優秀な暴力 制限時間: 15分 文字数:594字  暴力というものは一般的にはイケナイものとされている。  しかし暴力というものはそれが「暴力」という言葉で顕わされる以前から暴力であっただろうし、それを「暴力という言葉で顕した」からこそ、不当であるとか不法であるとされたのである。  暴力に... >>続きを読む

逡巡【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 悔しいドロドロ 制限時間: 30分 文字数:647字   情念が体中を支配する。  こんな気持ちがあるなんて考えもしなかった。  もし、出茂鹿さんが俺以外の人を好いていたら……なんて考えたら真っ黒な波が体中を巡り渡る。  そん... >>続きを読む

昼下がりの選択

お題: 紅茶とお茶 制限時間: 1時間 文字数:1101字    「鬼も十八番茶も出花」  醜い鬼でも年頃の十八になればそれなりに美しくみえ、粗末なお茶でも一番茶であれば香りも高くおいしいということだが、もちろんこれは人間全般を指す言葉であって女性の容姿を言っている諺ではなく、十八の頃に... >>続きを読む

直截交わりと先の話【R-18 白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 臆病な交わり 制限時間: 1時間 文字数:1140字 「出茂鹿さんを見ているとムラムラするんです」 「ふん……。ヘタレな君がそんな直截なことを言うとはな」  それが事の発端。   「君のその気持ちが何処から来るのか確かめるか?... >>続きを読む

朝の波風【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 死にぞこないの酒 制限時間: 1時間 文字数:1515字  波音で目が覚める。朝だとわかる波音が体に染み付いている。  隣に温もりに気付いて顔を向けると出茂鹿さんがくっつくようにして眠っていた。  昨夜は出茂鹿さんを勢い余って誘って、飯を食べて、酒を飲んで&hel... >>続きを読む

小松田屋にて 【白出茂前提 優出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 東京人 制限時間: 1時間 文字数:1652字  京にある扇子屋「小松田屋」に手伝いに行くようになった切欠はもちろんへっぽこ事務員の小松田秀作のお陰だが、それは一度きりでよかった筈で、それ以降も度々手伝いに行くようになったのは出茂鹿之介の意思である。  この「小松... >>続きを読む

波の随に 【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 小説家のパラダイス 制限時間: 1時間 文字数:1351字  白南風丸が私に好意を抱いているのはわかっている。そしてそれが色を含んでいることも。  しかし「泊まって行きませんか?」と言い出した本人がこの有り様とはどういうことだ。  飯を食べ、酒を勧め、下らないこと... >>続きを読む

諦めない男と探している男 【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎 お題: 馬鹿なエデン 制限時間: 1時間 文字数:887字  理想などというものは理想に留めておくべきものだ。  平穏というものは常に身近に置いておきたいものだ。  そしてどちらも何処にでもあって何処にでもないものには違いない。 「出茂鹿さんは一目惚れってしたことあります... >>続きを読む

希望という貴方へ送る手紙 【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎  お題: 1000の妄想  制限時間: 1時間  文字数:1169字  出茂鹿さんへの便りを書くのは何通目だろうか。  俺は肝心なときにヘタレで、その度に周りの人達に助けてもらってなんとか乗り越えてきた。  そんなヘタレな俺だから、出茂鹿さん... >>続きを読む

諦めない男へ送る手紙【白出茂】

ジャンル: 忍たま乱太郎  お題: 消えた諦め  必須要素: 800字以内  制限時間: 1時間  文字数:665字  その男は諦めない男だった。  私の何が気に入ったのか文を寄越してくる。  何処で所在を知ったのかと思えば、小松田くん経由しかないわけでご面... >>続きを読む

【白出茂】夕凪

ジャンル: 忍たま乱太郎  お題: 右の経歴  制限時間: 2時間  文字数:1659字  あの兵庫水軍身隠しの盾の役を巡っての適性試験以降、ぼーっとする時間が今までにもまして増えた気がする。  忍術学園の事務員にもなれず、海賊にでもなろうと思ったがそれすらも叶わなか... >>続きを読む

ある日の午後

ジャンル: 忍たま乱太郎  お題: 緑の犬  制限時間: 4時間  文字数:1433字  学園長先生の飼い犬であり忍犬でもあるヘムヘム。ヘムヘムという名前でなおかつ鳴き声も「ヘムヘム」だ。  直立二足歩行で歩くことができ、学園内の時報の鐘を頭突きで響かせることのできる... >>続きを読む

お題: 昨日の大地 制限時間: 15分 文字数:551字   『彼女とかいるの?』―――こういう質問をそれほど親しいわけでもなくだからと言って他人でもない人から浴びせられることは多いだろう。もちろんこれは質問される側が男であった場合で、女の場合は『彼氏とかいるの?』となる。  単なる好奇... >>続きを読む

棘 【五年生乱交直前】

ジャンル: 忍たま乱太郎  お題: 突然の血  制限時間: 1時間  文字数:1570字 「痛っ ……棘が刺さっちゃった」  久々知兵助は後ろ手をつくために床板に手を置いた瞬間痛みを感じ、手を見ると小さな棘が刺さっていた。 「大丈夫か? 兵... >>続きを読む

【京主】 孤独の距離

ジャンル: 東京魔人学園剣風帖  お題: 孤独な想い  制限時間: 1時間  文字数:1736字   真冬の帰り道。  白い息を吐きながらも傍目からは寒くないのか? と言われそうなくらい薄着な京一が龍麻にくっつきながら歩いている。  くっついているという表現... >>続きを読む

鏡の迷路

お題: 赤いダンジョン 制限時間: 30分 文字数:1039字 「夢を見た」  分厚いカーテンで朝日が差し込むことはないが、その僅かな隙間から陽光が差し込むベッドルームで目を覚ます。仰向けのまま隣で眠っている男に聞こえるようにつぶやいた。 「そりゃ夢くらい見るだろう?」  隣で眠っていた男はそんな... >>続きを読む

春雨は夕方に 【京主前提】

ジャンル: 東京魔人学園剣風帖  お題: 素晴らしい春雨  制限時間: 15分  文字数:553字  「ひーちゃん、なに食ってんの?」  夕方。昼寝から目覚めた京一の鼻腔に何やらスープの匂いがする。「ひーちゃんが飯の準備でもしているのかな」とリビングと繋がっているキッ... >>続きを読む